2018年4月8日日曜日

ボルダリングの服装

ネットを検索していると、けっこうボルダリングをする時の服装に関する投稿を見かけます。

 じゃー僕も書こうと思ったのですが、そもそも、僕のファッションセンスはダサい

とてもじゃ無いが「今カッコイイ服装はこれです」なんて書けないので、ファッションではなく機能中心で書きます

冬は
 冬の渓谷はとても寒く、ツララは下がり、水たまりは凍っています。
アウトドアでの防寒は薄い服の重ね着がセオリーですが、ボルダリングをする時は上に温かくて分厚い服を着るようにした方が良いです、その下は動きやすい服装にしておいて登る時に上着を脱ぎます

冬の装おいの倅、指が凍えないように手袋をしています


登る時は上着を脱いで動きやすい恰好になります


夏は
ともかく盛大に汗をかきます、汗をかいても足が上がるズボンが必須です。
汗で張り付くので、伸びる素材が良いです


倅は高校の体操服のジャージをつかっています


 僕はアウトドアショップで買ったズボンを愛用しています、ジャージみたいに伸びる素材なので汗で張り付いても、足が上がります
 

僕は七分丈のズボンはあまり使いません、体重が重い上に体が硬いのでタイトなフットホールドを補助的に多用します、そこでフットホールドからスポ抜けてよく膝を打つからです




長いズボンだと擦り傷になるところを、運が良ければ打ち身だけで済みます

どのサイトも木綿のTシャツは良くないと書いていますが、真夏以外ならば何の問題も無いです。
真夏だと、絞ったらジャーと汗が出るくらいビショビショになるのですが、気にしなければどうと言うことは無いです。 汗で張り付いて動きを阻害すると主張する方もいらっしゃいますが、Tシャツは良く伸びるので気にしなければどうと言うことは無いです。

そもそも僕はビショビショになる 沢登りでも木綿のTシャツを使っていました、すぐカギ裂きを作るので安物愛用です。

ただし着替えは持って行った方が良いです、汗臭いと帰りの交通機関で不評を買います。

ジーンズは良くない?
ほとんどのサイトで、ボルダリングにジーンズはよろしくないと書いています。
パッツンパッツンのジーンズで無ければ、猛暑の日以外は十分使えます
スリムやベルボトムはやめた方が良いです、ストレートかバギーが良いです

ジーンズは摩耗に強いので心づよいです。落ちて転げて擦れてもダメージパンツになるだけです。

1970年代はジーンズで登っている人を良く見かけました、ヨセミテのアメリカ人の真似です、当時はそれが恰好良かったのです。
クライミングファッションでヨーロピアンかアメリカンかとこだわった時代でした。山と渓谷誌でも当時ヨーロピアンVSアメリカンのファション特集が出ていました

ダブダブのジーンズを使っている倅、サイズが大きいのでロールアップしている


ちなみにジーンズの青色は蛇除けになると言うのは俗説です、蛇は逃げずに普通に日向ぼっこをしていました。

物凄く暑い日
猛暑の中、上半身裸で登りたくなりますが、これは賛否両論あります、TPOを考えて対応しましょう

ただ間違いなく言えるのは、いい体でないとみっともないです。ボルダリングをやっていると背中は良く発育するので問題ないですが、ウエストはいかんともしがたいです

これぐらいなら良い


これはイケません、親子なのに何で差が出るのか??


子供服は
公園でジャングルジムを登れる服装ならば問題はないです。
そもそも子供の遊び着は、動きやすさを良く考慮している様です

6歳の時です

足が小さいのでクライミングシューズでなくても足が乗ります、ホールドではなくボードのシワに足が乗っています
すぐに成長するので大き目の靴を履いています、ピッチリサイズのクライミングシューズはもったいないです、インドアならば、体育館シューズで十分です

あまりお金をかけない方が
落ちると擦れるし、藪ではカギ裂きを作ります、ジムでは粉だらけになります。
洗濯する頻度が多いので、すぐにヨレます。
着古しが一番良いと思います。

ラジオ体操ができて、足が上がる服装であれば十分です
インドアならば、動きやすい柔らかい生地が良いです、たいがい更衣室が有り着替えができるので、着こなしの自由度が高いです。
恥ずかしくないならばコスプレも可能です。

アウトドアならば、カギ裂きができにくい生地か、破れても惜しくない着古し、更衣室は無いのでそのままの恰好で帰宅しても違和感がない服が良いです。

以前ジムで見かけたのですが、白い線の入った紺色の地味なジャージで登っていた女性が居りました。 これがまた途轍もなく上手かったです、すごくカッコ良かったです(親子共々、俺たちショボいなーと思った次第で)。

何を着ても、上手い人はカッコ良いし、下手な人はカッコ悪いと思うのですが。

2018年3月21日水曜日

VirtualBoxの共有フォルダーが使えない

足を怪我した・・・、しかも化膿したので痛くて歩けない
この1月ほどボルダリングもスラックラインご無沙汰なので、今回もITネタの投稿です

32ビット、64ビットの両方でテストを行う為に、Oracle VM VirtualBoxのゲストとしてWindowsを使おうとしました

ところが、共有フォルダーが使えないです、普通はメニューの「デバイス」から
 「Guest Additions CD」をインストールするのが、そもそもメニューに「デバイス」が無い

こっちはubuntuの例です、メニューに「デバイス」が有ります


こっちはWindows、メニューに「デバイス」が無い


仕方が無いので、「Guest Additions」を「http://download.virtualbox.org/virtualbox/5.2.8/」からダウンロードしました



そしてダウンロードしたISOイメージファイルをストレージに割り当てて


こいつからインストールして



共通フォルダーに登録すると


やっと、共有フォルダが使える様になりました


ところで何故HyperVを使わなかったかと言いますと

はいっ、それはHyperVが有ることを知らなかったからです

--------------------------
スッ転げながらトレイルランニングをしていて、たかがかすり傷と甘く見ていたのですが長引いて居ます
治るどころか、どんどん悪化して、皮膚が陥没し始めたので病院へ行くと「化膿しています」との事で抗生物質漬けになっております
岩で擦りむくと、わりとキレイな傷なので放って居ても治っていたのですが、汚い傷はチャンと消毒した方が良さそうです。



2017年10月21日土曜日

NetBeansでPython

雨ばかりなので秋の中の外岩ボルダリングができません、だから今度はITネタです

ずっと僕はPythonを作るときにPython標準装備のidleを使っていました

今作っているPythonのプログラムは試作品(ディープラーニング作っています)なので、作り替えやすい様にクラスを細分したところ、ディスクトップか小さいウインドウだらけになり、ゴチャゴチャです

youtubeを見ながら、radikoを聞きながらのダラダラのながら開発です、astahが埋もれています
自分が見たいウインドウがどこに有るのか一目では判らなく成りました
ということでPythonのIDEを入れることにしました。

全部無料で軽いことが条件なので、NetBeans+Pythonプラグインを使うことにししました
NetBeansはプラグインが少ないとも聞きますが、僕は便利機能を沢山入れるのは好きではなくシンプルで軽快なのが好きなので、問題は有りません


NetBeans自体はGoogleでダウンロード元を探しました、PythonのプラグインはNetBeansのホームページから探しました

Pythomプラグインのダウンロードページです



これがダウンロードしたファイルです



さてインストール

インストーラを立ち上げました



Java、C++、PHP、Pythonを選びました


次はPython

メニューでツール→プラグインを選びます


ダウンロードしたZip形式のPythonプラグインは解凍しておきます

ダウンロード済タブ→プラグインの追加ボタンで、Pythonのプラグインを全部選びます
 


プロジェクトの新規作成でPythonが作れる様になりました


このままでは文字化けします

日本語が化けます
 

注意!、文字化けしたままファイルを保存しないこと

プロジェクトのプロパティでEncodingを指定します、僕が使っているのはUTF8です


日本語が出ました
 

ディスクトップが大分スッキリしました 、ハルヒを出しっぱなしにできます、僕の憂鬱が解決しました

後はradikoを隠せば、見たい物だけ残る


ついでに、アイコンが趣味の外なので、ダウンロードしたねこびーんに変えました

ねこびーんのjpeg画像データをアイコン形式に変換して使っています



MiharuPCでの機密情報持ち出し判断にAIを使えないかと思い、目下研究中です。Pythonで模索して、その後にC#化するつもりです

2017年9月2日土曜日

スラックラインを始めました

昭和の頃からズッとボルダリングをしていると、やはりマンネリを感じます

そこで人生に刺激を入れようとスラックラインを始めました、通販で一式を5000円で買いました
マットはボルダリングで使っているのを転用です

倅は写真のごとく勘の良いところを見せていますが


僕は立って3秒、歩いて2歩状態です。
どうなることやら・・・



ラチェットが付いていてガッチリと引っ張ります


結構弾力があって、よく跳ねます
綱渡りと言うよりも、1次元のトランポリンの様な感じです

5cmぐらいのラインです、長さは15m

2017年8月26日土曜日

黒潮ボルダー炎天下

盆休みに黒潮ボルダーに行きました、最初は東部の大山岬から始まり、奈半利まで行ったのですが

これが、暑いし、熱い(岩が焼けている)

指さきの汗は、岩が焼けているのでジューっと乾くのでチョーク不要です

暑すぎて写真を撮る気もしなかったので画像はありません

転じて、西部の松風ボルダーに行くと


東北東向きの壁です、 オー!ここには日陰がある。 ここはフツーに登れました




南側に、砂が流れたおかげで、課題ができていました。 


飛んで上部をつかめば、ただのマントリング課題ですか、下から地味に上ると結構足が無いです。

ここは下が細かい砂なので、クラッシュパッドが無いほうがズボっとハマって痛くないです





目いっぱい焼けたので、近くの海水浴場に行きました、竜の浜海水浴場と言います



シャワーは無いですが蛇口が有るのでこれで洗えます




ビキニのおねーさんは期待できないですが、スクール水着の萌え系が居りました


まるまる一日の被暑でした(避暑ではない)
熱中症への警戒を報じる中、ぼくたちはいったい何をやっているんでしょうね。
水分補給でガバガバ飲んで、ダラダラと汗をかくと、案外熱中症には成らないのかも知れません

---------
松風ボルダーへのアプローチです
県道14号線黒潮ラインを宇佐に向けて走っていくと、春野漁港こちらの看板があります、ここに松風ボルダーが有ります
春野漁港側に道をそれると、駐車スペースがあります

竜の浜海水浴場はそこから7Kmほど横浪黒潮ラインへ向けて行くとあります
7Kmと言っても、道は年中空いているので、わりとすぐに着きます



2017年6月11日日曜日

ボルダリングとダイエット


僕は随分永くボルダリングをやっていますが身長170cm 体重81Kgのやや肥満です
セガレは凄く痩せていますが、そもそも生まれた時から痩せていて保育器に入っていました
(保育器ってすごくお金がかかりますよ)

僕は太め


 セガレは細め
 

ボルダリングをやっても、太る人は太るし、痩せる人は痩せる様です

とてつもなくボルダリングが上手な人は皆やせていますが、それはファッションモデルは皆美人だと同じ事だと思います

エネルギーの消費について

ボルダリングのエネルギー消費量は意外と低いです。

ボルダリングはジョギングの1.5倍の運動強度があると言われていますが。実際に運動している時間は意外と少ないです

Youtubeに上がっている映像で調べてみるとインドア、アウトドアによらずだいたいボルダリングの1トライが1分ぐらいです。

僕たちが1日に登る回数を数えてみると概ね3時間に20回ぐらいでヘロヘロになります

してみると、1日のボルダリングで実際に運動している時間は20分間

つまりジムのボルダリングへ1回行くのは、30分のジョギングに匹敵することになります


ボルダリングとジョギングのエネルギーの使い方を図示しました




まずよく勘違いされているのですが 「キツイ運動=エネルギーの消費量が多い」ではないです

運動のキツさは、むしろ無酸素運動による乳酸の蓄積の影響です

腕立て伏せ30回と、スクワット30回ではどちらがキツイでしょうか?
腕立て伏せの方がキツイのですが、エネルギーの消費量は斜めに立てかけた体を持ち上げる腕立て伏せよりも、体重をまっすぐ持ち上げるスクワットの方が大きいです

体内の炭水化物は37Kmを走るだけの蓄積が有るので、少々の運動では炭水化物は枯渇しません

ボルダリングは1分間程度で全力を出し切る強度のスポーツのなで、無酸素運動です

「全身運動=有酸素運動」ではありません、言葉の定義としては

有酸素運動

糖類と酸素を結合させることで、エネルギーを得ることです。クエン酸回路を使ってのエネルギー生成なので燃焼では無いです
肺から取り込んだ酸素を血液中のヘモグロビンが筋肉まで運んで、初めて酸素を利用できるので、爆発的な運動には対応できません

典型的な運動種目としては、長距離走、自転車、水泳です


無酸素運動
炭水化物を乳酸に変換することで、エネルギーを得ることです。
爆発的な運動に対応できますが、筋肉は乳酸が貯まると動けなくなります、その警告信号は苦痛として脳に伝えられます

典型的な運動としては、中距離走、球技、激しいダンス、などです


良く有酸素運動は直接脂肪を使うと言う話を聞きますが、哺乳類は脂肪をエネルギーへ直接変換する機構は持っていません、脂肪を糖類に変換することでエネルギー原とします
とても緩慢な処理なので1時間以上続く強度の運動でないとエネルギーの供給源としては追いつきませんません。
緩やかな運動だと、糖類の消耗と脂肪からの糖類供給が同時進行になるのですが、いつの間にか「直接脂肪を使う」に世間では変わった様です
 脂肪を糖類に変換する機構は安静にしていても動くので、激しい運動をした後の糖類補給にも使われます。
つまり「激しい運動は糖類を使い、緩やかな運動は脂肪を使う。 だからダイエットには緩やかな運動が効果的」は迷信です

むしろ、緩やかな運動は乳酸が貯まらないので長時間持続できる、だからエネルギーも大量に消費できる、エネルギーを大量に消費するのは、ダイエットにつながる、が正解だと思います

フルマラソンは37Kmからと言いますが、体内の糖分が枯渇するのがそれぐらいなの距離なのだそうです。
アスリートはカーボローディングという技をつかって体内の糖類量を増やしています。さらにウルトラマラソンは競技をしながら栄養補給もします

僕のフルマラソンの経験では、35Kmぐらいまではスポーツの苦しさですが、35Kmを超えると病的な苦しさに成りました。

ボルダリングは筋肉が増えるので太りにくいか

筋肉が1Kg増えると基礎代謝量が増えます、どれだけ増えるかは諸説あって、1日当たり20KCal~40KCalぐらいです

中間値を取って基礎代謝量は30KCal増えるとします、そうすると筋肉が10Kg増えると基礎代謝量が300KCal増えます、おおむね厚切り食パン1枚程度です

つまり、筋肉だけで体重を10Kg増やしても、厚切り食パン1枚程度です。 少々鍛えたぐらいでは誤差の範囲です

クライマーの部位別の筋力は器械体操の選手と似ているのだそうです、ただし筋肉量は体操選手と比べると少なく、もっぱら神経からの要求に対して一度にする筋繊維数を増やす事で強い力を出しています。
これはクライミングで等尺性運動が要求される事が多いからだと推察されています。

確かに見た感じ、クライマーでデカいのは背中ぐらいで、他はそんなに太くないです。足に至ってはハシゴを登る程度の力しか使っていません(ランジは別です)

部分痩の科学的根拠は確立されていません、筋肉を鍛えても引き締まる訳ではありません、弛んでいるのは脂肪、鍛えるのは筋肉で別物です。
脂肪をエネルギーとして糖類に変換するのは、全身的な生理現象であって、腕を鍛えたから腕の脂肪が減る訳ではありません。

筋肉を増やすのならば、ウエイトトレーニングの方がボルダリングより効率が良いと思います

痩せるクライミング方法
アルパインクライミングは凄く痩せます。
少ない食料、丸一日続くクラミング、寒さに耐えながら過ごす夜。 
そして何より水が無い ので、オシッコも出なくなります。

水が無いは心が砕けて駄目ですが、食料が無くて食べないのは意外と簡単に我慢できます。 
金竜飛よりも力石の方が遥かに大変です(明日のジョーです)、ガダルカナルの兵隊さんよりダイエット中のお嬢さんの方がはるかに精神力を要します

でもアルパインクライミングのリバウンドは半端無く物凄いです、僕の体形はリバウンドの繰り返しで作り上げました
リバウンドを制す者はゲームを制します。



とりあえず言えるのは
 
ボルダリングで痩せるのではなく、ボルダリングの為に痩せる




ダイエットを話題にしたブログは、チョット迷信が多い様な気がします、と言うことで今回は僕が参考にした本を上げます

ケネス・H・クーパー  エアロビクス ←とても古い本です

主婦の友社             目で見るカロリーハンドブック

山本正嘉              登山の運動生理学百科

その他雑誌を色々、ランナーズ、ROCK&SNOW