2017年2月5日日曜日

情報の持ち出しを監視するソフトウエアを作りました

   ← ホームページへのリンクです

機密情報の持ち出しを監視します

Windowsで動作するフリーソフトです、Windows7とWindows10 上の動きを監視します。

サーバはCGIで実装したので、Webサーバが有れば使えます。Windows10とUbuntuで確認しました。



重要なファイルからコピーして、貼り付けをしたり。

他のファイル名に名前を変えて保存したり。

それをUSBメモリーやSDカードに入れたり。

これらを検知して、監視サーバに通知します、サーバはWindows版とLinux版が有ります。

名前はMiharuPC(見張るPC)としました


これがホームページです→http://www.geocities.jp/bruesix707/index.htm


これが監視画面です、どの端末でどのユーザが、どんな操作をしたか監視します。






ファイルのIOだけでなく、クリップボードも監視しているので、コピー貼り付けも検知します







MsOfficeのテンポラリーファイルも監視しているので、重要なファイルを「名前を付けて保存」すると保存後のファイルも監視対象にします
今はExcelとWordが対象でOfficeの2007 2010 2013 2016で動作します。
PowerPointもサポートしたいのですが、息切れしていて、まだ未実装です。

 



メールへの添付や印刷なども監視したいのですが、今は未実装です

と言うか、方法が思いつかないです(= = !)。



0 件のコメント:

コメントを投稿